がん検診のタイミングを知りたい人に役立つ情報サイト

>

がん検診を受けるための条件は

年齢や性別による

国民健康保険加入者などは、自治体で健診を受けることになります。
検診に関する情報は、自治体サイトなどで確認できます。
そのとき、がん検診に関する案内も確認するとよいでしょう。

がん検診のなかには、特定の年齢を対象にした検診もあります。
自分の年齢に該当する検診がある人は、前向きな検討をおすすめします。
職場でがん検診を受ける機会がない場合も、自治体のがん検診を受けることができます。

ちなみに「主ながん検診の対象年齢と頻度」に関するデータでは、対象年齢と頻度が表記されています。

たとえば、「胃がん:50歳以上・2年に1回」「大腸がん・肺がん:40歳以上・年1回」です。
また、女性を対象にした検診では、「子宮頸がん:20歳以上・2年に1回」「乳がん:40歳以上・2年に1回」となっています。

がんの種類にもよる

「主ながん検診の対象年齢と頻度」のデータに示されるように、検診の対象になる年齢や頻度は、がんの種類によって異なることが納得できます。
大腸がんや肺がんのように、間隔が短い場合でも年1回のため、驚く人もいるかもしれませんね。

しかし、自覚症状が見られない時期に検診を受けることにメリットがあることを把握しておくことが大切です。
一方、白血病や悪性リンパ腫などのように、早期発見が困難なケースも存在します。
そのため、大変残念ですが、がん検診が必ずしも役立つとはいえないでしょう。

そういった背景から、厚生労働省が定めたがん検診の対象は、胃がんをはじめ、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、乳がんの5種類とされています。
これらのがんは、いずれも身近な存在です。
そのため、自ら積極的にがん検診を受けることをおすすめします。


この記事をシェアする